ストレスの多い看護師の貯金事情

看護師という職種は、女性が多い職種である。このことと仕事の内容などから、看護師は転職が多い仕事でもある。しかし、何の蓄えもなく気軽に転職する人はあまりいない。転職のため、生活のため、精神的な余裕のために貯金を行う看護師は多く存在している。看護師は、そのほかの仕事と比べて、働き方にもよるが平均給与が高いとされている仕事だ。そのような看護師が月に貯金に回す金額は、おおよそ3から6万円ほどが最も多い。手取りのおよそ1割の金額で、大きな負担にならずとも、コツコツためることができる金額だ。《→参照WEBサイト:お金が貯まらないのはなぜ?より》

しかし、一方で結構な数の看護師が貯金額がほとんどないという。これは、看護師の仕事の内容が関係している。看護師の仕事は、人の命に係わると同時に、接客の側面もある。また、時間に関係なく働かなければならないこともあり、忙しく、緊張感もひときわ強い仕事だ。このことからストレスをためやすく、たまったストレスを買い物などで散財することで発散する看護師も多い。夜勤明けや長時間の仕事の後の解放感から無駄遣いしてしまうというケースは多く知られている。このようなことから貯金ができない場合は、お金の使い方の見直しをすることが必要だ。

月にどれだけのお金を何に使用しているのかを、まず把握しなければならない。そのうえで、無駄遣いや節約できる部分を確認して、お金を考えて使うことが必要だ。月に自由にできるお金の金額をあらかじめ決めておく、将来への旅行資金などの、楽しい無理のない工夫をすると貯金がしやすくなる。