看護師が給与アップを目指すには

看護師が給与アップを目指す際によくとられている手段は、より待遇の良い仕事場に移る方法と保健師などの他の職種を目指す方法である。しかし、その一方で元の職場にいながらにして給与アップを実現する方法もいくつかあり、元の職場で構築した人間関係を一旦リセットしなければならないのが嫌な場合や、家族の事情もあって転職をするのが難しい場合は試してみると良いだろう。

転職せずに給与アップを目指す方法の例の一つに、管理職への昇進を目指す方法がある。管理職になると責任が重くなる分、基本給がほぼ確実にアップする。しかし、管理職の人数は大抵病院の規則で決まっており、定員に達しているとどんなに資格十分であっても昇進することはできず、現状の立ち位置のままで働き続けることになる。大学病院や総合病院などといった大きな組織で働いている場合でなければ、この方法だけで給与をアップさせるのは難しいだろう。

一方、資格手当制度がある職場であれば、仕事に役立つ資格を取得することでも給与をアップさせられる可能性がある。この方法は組織の規模に限らず利用することができ、仮にほとんど給与アップにつながらなかったとしても、他の看護師には任せるのが難しい仕事を頼まれやすくなるなどのメリットがある。特定の領域において優れた技能と知識をもつと認められた看護師が取得できる「認定看護師」や「専門看護師」など、該当する資格は色々とあるので、ある程度実務を経験したら狙ってみると良いだろう。